カスタムナイフ オリジナルナイフ コレクターに根強い人気、趣味をもつ人も多い。

FrontPage

カスタム ナイフ Custom Knife

カスタム ナイフとは、一本一本丹念に作られ、大量生産とは異なるオリジナル ナイフです。

  • 日本ではあまり知られていないことではあるが、根強い人気が有り、こうした大量生産ではない、ここに特徴を持つオリジナルのナイフに趣味をもつ人も多い。
  • もう一つは男の趣味で自分専用のナイフを自作することだ。当然ながら西部開拓の歴史を持つ北米アメリカ大陸、アメリカではかなりの需要があり、多くの人が人がカスタムナイフオリジナル ナイフに興味を持ち、所有している。やはり、自分の身を守る西部開拓魂が心のすみにあるのだろうか。
  • どちらも芸術性が高くなると、一般使用よりは、むしろナイフ コレクター間で人気が高くなってくる。

カスタム ナイフの起源、材料

  • カスタムナイフの歴史はアメリカで始まった。アメリカのボブ・ラブレス氏が1950年代に広め始めたとされる。
  • ベーシックな製作工程は一般品として量産品と同じだ。現在はステンレスの質が上がっており、鍛造、いわゆる叩かなくても機械?手で削るだけでいいオリジナルナイフができる。
  • カスタムナイフの材料ステンレス製のものが多いのは、理由は「硬くて加工しやすく磨耗しにくく、また錆びたりもしにくい」ためである。
  • また近年、セラミック系のナイフ素材としは、かけやすく加工しにくいという扱いにくい所もあるが、切れ、耐腐蝕の点では将来的には有望なカスタムナイフの材料でもある。
  • 材料によりいろいろ長短所あるが、いずれにしても耐久性の面を別にすれば、加工しやすい硬質な素材はほぼ全て、ナイフ材料として用いる事が出来る。

人気のカスタムナイフ 

  • カスタムナイフは通販でも手に入れられますが、やはり自分独自の自作でしょう
  • アメリカ人はナイフが大好きなので、コレクションをするわけです。アメリカでは有名なナイフメーカーがあるので、そういう人たちのナイフはコレクションの対象となりますね。
  • たとえば、ブレードに備えたスタイルはボブ・ラブレス氏のカスタムフォルダーを忠実に再現したものだったりします。 For
  • いいものは、ハンドルには劣化・変化に強いG-10材の強靭なもの採用している。
  • 使用の際に必要なランヤードホールもハンドルエンドに備えています。

ナイフ作りに挑戦する。

  • カスタムナイフ作りに最初に必要なのは当然ながら工具です。材料を強力に挟む万力が必需品です。
  • 削るのにしっかり固定しなければなりません。切削する工具、手工具のヤスリです。
  • 穴を開けるにはボール盤が必要です。一般的な電動ドリルとその刃では開けられません。
  • 研磨するのには紙ヤスリのようなものを使います。あとはハンドルの材料と留めるためのピンです。
  • 素材に厳選されたもの用い、個性を生かしたいいもの作る。うまくできたら、当然ながら名刀を作った製作者の名を刻むように製作者名を作品に掘り込む。

挑戦するのナイフの形は

  • 小さなナイフ作りから始めるのがベストです。
  • 刃渡りが7〜10センチのものであれば、比較的早く出来上がります。まずは最初です、練習のつもりで、まず、1本〜2本仕上げます。
  • 大げさなものでは、つまり刃渡りが長いもの、は製作途中であきて挫折してしまいます。小さなものから作っていった方が達成感がでて、「できた!作った!」と感慨がわきます。

ナイフの製作所持での注意点

  • 刀剣類は所持が禁止されています。以下のものは、許可なく持っている時点で違法となります。又、カスタムナイフの販売や通販あるいは製作など違法な行為はしないようにしましょう。

刀剣類として定められているもの。

  • 1. 刃渡り(※1)15cm以上の剣(※2)刀、槍、ナギナタで3番目の項目を満たすもの。
  • 2. 刃渡りに関係無く、アイクチ、45゜以上の角度に自動開刃する機能を有すもので3番目の項目を満たすもの。
  • 3. 以上のいずれかの形状に似ており、鋼製(合金を含む)の人畜殺傷能力のあるもの。

カスタムナイフの販売・通販ショップ

★★★★カスタムナイフの通販カタログ★★★★

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional